広島市西区佐伯区で巻き爪治療をするならリラ鍼灸整骨院へ | リラ鍼灸整骨院グループ
Tap to close

広島市西区佐伯区で巻き爪治療をするならリラ鍼灸整骨院へ

ご予約はこちらアクセスはこちら

リラ鍼灸整骨院グループリラ鍼灸整骨院グループ

広島市西区佐伯区で巻き爪治療をするならリラ鍼灸整骨院へ

こんにちは!

みなさん歩いていたら、なんだか指先がピリピリ・チクチクするような感じがする時がありませんか?

指先に痛みがあるからといってすべてが巻き爪とは限りませんが、巻き爪の痛みがあってもどこで治療してくれるのか分からない患者様が多いようです。

 

《巻き爪》とは、爪の端が内側に巻き込んだ症状をいいます。

巻いている爪のふちは、指や指の皮膚を傷つけやすい為、炎症を起こすことが多いです。

 

《陥入爪》は、巻き爪と似ていますが、爪の先端が周囲の皮膚に刺さって炎症を起こした状態をいいます。

 

どちらも似ていて、いったい自分の症状がどちらなのか分からないですよね。

 

巻き爪か陥入爪か判断の目安として、

 

・巻いた爪が皮膚に刺さってはいないか?

もし、巻いた爪の端が皮膚に刺さってない場合は巻き爪の可能性が高いです。

指に痛みを感じる場合、爪の端が内側に巻き込んでいる事により、爪の下の皮膚を挟んだり刺激したりしているからかもしれません。

また、爪が巻いているが痛みがない場合も巻き爪の可能性が高いです。

ただ、放置していると、どんどん爪が巻いてきて痛みも増してくるので早めの治療が必要です。

 

・爪は巻いてないが、指に痛みがある

爪が巻いていないにもかかわらず、指に痛みがある場合は、陥入爪かも。

間違った爪切りのやり方で伸びた爪が皮膚に刺さっている可能性があります。

爪が肉に当たって痛いからと、爪を深く切る方がおられます。

しかし深爪は陥入爪や巻き爪の原因になるので今すぐに止めましょう。

 

 

理想の爪の形は、「スクエアオフカット」。

スクエアオフカットとは、爪の長さを指先と同じくらいにそろえ、角に少し丸みのある四角形に整えた切り方のことです。

1,爪切りで端から端までまっすぐに切る(爪の長さと指先を同じくらいにします)

2,両端の角だけを少し落とすようにします。

爪の先の白い部分は残っていてかまいません。

仕上げに軽く爪ヤスリをかけて、切った面をなめらかにすると爪が靴下に引っかからないのでお勧めです。

 

正しい爪切りで陥入爪を予防しましょう。

 

巻き爪治療ってどんな事をするの?

と、気になる方も中にはいらっしゃると思います。

 

リラ鍼灸整骨院の巻き爪治療は、プラスチック製の器具を装着し固定します。

器具は透明でほとんど目立ちません。

装着時に痛みもなく目立たないので、治療をした事を忘れるくらいです(^^)

ネイルもできるので、患者様に喜んでいただいてます!

一度で変化を感じていただけるので、巻き爪でお悩みの方はご相談ください

 

リラ鍼灸整骨院グループの巻き爪治療は

リラ鍼灸整骨院、リラ美鈴が丘整骨院で施術可能です。

お近くの院をお選びください。

 

 

予約優先制広島市西区・佐伯区のリラ鍼灸整骨院グループ

電話予約
ネット予約
アクセス

LINE@特典(古江院)
LINE@特典(コイン通り)
LINE@特典(美鈴が丘)