乾燥対策は万全ですか? | リラ鍼灸整骨院グループ
Tap to close

乾燥対策は万全ですか?

ご予約はこちらアクセスはこちら

リラ鍼灸整骨院グループリラ鍼灸整骨院グループ

乾燥対策は万全ですか?

広島市西区佐伯区で交通事故の治療、インナーマッスル筋トレ、産後の骨盤矯正、産後の体型維持、O脚矯正、猫背矯正、膝痛、腰痛、寝違え、ムチウチ、変形性膝関節症、腰部脊柱間狭窄症、外反母趾、リフレクソロジー、スポーツ障害の治療を平日19時30分まで、土日祝は18時まで営業をしておりますリラ鍼灸整骨院グループです。

※古江院、コイン通り院の交通事故の治療は平日(木曜は除く)21時まで受付時間を拡大中です!!

 

 

 

もうすぐ冬がやってきますが、冬は空気が冷たく乾燥し、喉が痛くなったり風邪やインフルエンザやコロナウイルスなどの感染症が

流行する季節です。

風邪の原因の9割がウイルス感染と言われています。ウイルスは低温で乾燥した場所を好みます。

空気中のウイルスは湿度が高いと床や地面に落ちていくのですが、空気が乾燥しているとウイルスも

乾燥して軽くなり、空気中を漂う時間が長くなるため、呼吸によってウイルスを吸い込みやすくなります。

喉から肺に至る気道には、ウイルスや異物を追い出し、気管支などをきれいに保つ働きをする粘液や線毛があります。

異物が入ると粘液で異物を捕らえて、粘液の下にある線毛が外に運び出そうと働きます。

この線毛は寒さや乾燥に弱く、空気が乾燥すると粘液が乾燥しやすくなり、防御機能が低下してしまうため、風邪を引き起こすウイルスが体内に侵入しやすくなります。

冬に風邪やインフルエンザが流行するのは、ウイルスが増えるだけでなく空気の乾燥によって、カラダの防御機能が落ちていることも大きな原因の一つなのです。

 

 

《冬の乾燥対策》

風邪やウイルス感染予防で手洗い、うがい、十分な睡眠以外に『保湿』をすることがとても有効な対策になります。

部屋の湿度が40%以下になると、空気中にウイルスが長時間漂いやすくなります。加湿器などを使用して乾燥を防ぎましょう。

室内は、室温20~25℃、湿度は40%以下にならないよう保つことで、乾燥・風邪予防に繋がります。

特に睡眠中に乾燥して風邪を引くことが多いので、睡眠中の保湿が大事です。

加湿器がない場合は、寝室に水滴が垂れない程度に絞ったぬれタオルを干すだけで湿度が保たれます。

特に乾燥している時は、浴槽のお湯を少し張ったまま、ドアを開けておくと部屋が保湿されます。

湿度が70%以上になると結露になり、カビが育ちやすくなるため、定期的に換気をして空気の入れ替えをしましょう。

 

 

今年の冬は風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルスの感染症を気をつけないといけませんね。

 

乾燥対策はもちろんですが、今まで通り手洗い、うがい、マスク着用、ソーシャルディスタンスを一人一人が気をつけながら生活していくことが最も重要な予防の基本になってくると思われるので、自分の健康は自分で守れるように頑張っていきたいですね。

 

 

秋の抜け毛、産後や更年期の薄毛が気になる方へ→https://hiroshima-hatsumou.com

 

 

 

 

 

 

予約優先制広島市西区・佐伯区のリラ鍼灸整骨院グループ

電話予約
ネット予約
アクセス

LINE@特典(古江院)
LINE@特典(コイン通り)
LINE@特典(美鈴が丘)